top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

心包について

更新日:2023年3月29日

今回は心包についてです。


心包とはなんぞや?

今までの五臓は、西洋医学的にも当てはまる臓器がありましたが、

この心包は、東洋医学独特の考えの蔵です。


心包は、字の通り心臓を包む膜と考えられています。

現代医学の心膜とは違います。


心包は心の代わりに働きます。

心のところでもお話ししましたが、『君主の官』と言われています。

つまり、王様です。王様がやられると国が滅んでしまいます。

そのため、心の代わりに心包が働くのです。

影武者や有能な秘書、官房長官といったところですかね。


なので、働きとしては心とほぼ同じです。

心は血を身体中に送り続ける。

働きづくめだと疲れるし、熱を持つので

そこを心包がお世話してうまくフォローするイメージですね。

そうすることによって、熱をためすぎずにずっと動いていられるのです。


心と腎はとても密接な関係にあります。

腎は生命の根本であると前回お話ししました。

心も止まったら死んでしまいます。

腎は水と深い関わりがあるので、冷えすぎないように

心から心包を介して陽気をもらい温めます。

心も熱を持ちすぎないように腎の水分で適度に冷やします。


この心と腎の交流がうまくいかないと、

冷えのぼせの状態になります。

下半身・足先は冷たいけど、上半身・顔は熱いという状態です。


今回で蔵については終わりましたので、

次回からは胆についてお話します。



『類経図翼』より

 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は公式ライン・お電話で

📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page