top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

東洋医学のセルフケア~座る~




仕事中、勉強中、車や電車に乗っている間、テレビやPCを使っているときなど

日本人は平均して1日約7時間座っているそうです

これは世界で一番です


座っている時間が長いと代謝疾患のリスクが高まり

死亡率約40%アップ

座ることが悪いのではなく

長時間座り続けていることが悪いのです


東洋医学では

【久しく坐すれば脾を傷る】という言葉があり

長時間座ることで胃腸を弱らせてしまうということです


その結果、むくみ・腰痛・メタボ・肥満などの原因になります


どのように椅子に座ればよいのかをご紹介します


・浅く座る

・背筋を程よく伸ばす

・ひじ掛けや背もたれはできるだけ使わない

・両足をきちんと床につける

・体重のかけ方は、おしりに6割、足に4割が理想

・30分毎に立ち上がり動くとよい

・PC画面などは目線と同じ高さにするとよい


ちょっとした事の意識の違いで身体への負担が軽減します






 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・ぎっくり腰・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は公式ライン・お電話で

📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page