top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

東洋医学の病気になる原因

今まで臓腑や経絡などわけのわからない難しいお話をしてきましたので、今回からは優しいお話に戻ります。


以前、人間のバランスを整えているのは【気・血・水】とお話ししました。

この気・血・水のバランスが崩れると何かしらの症状が出たり、病気になったりします。

詳しくは過去の『気・血・水』を参照してください。


この気・血・水がバランスを崩す原因は大きく分けて3つあります

①内因(ストレス)

②外因(環境)

③不内外因(生活習慣)


内因とは、ストレスのことです。

東洋医学では『七情』と言って、7つの感情によって様々な症状が出てきます


外因とは、生活環境です。

天気や気候、季節などです。

極端に言えばハワイのような暑い国の人と、ロシアのような寒い国の人では全く生活環境が違うので出てくる症状や病気も傾向が違ってきます


不内外因とは、生活習慣です。

食事・睡眠・労働・運動・性生活などがあげられます


詳しくは次回からお話していきます


 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・ぎっくり腰・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は公式ライン・お電話で

📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page