top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

東洋医学の病気になる原因~内因~

東洋医学の病気の原因はこの三つです

①内因(ストレス)

②外因(環境)

③不内外因(生活習慣)


内因はストレスのことで東洋医学では【七情】と言います

七情は『怒・喜・思・憂・悲・恐・驚』


イライラ、怒りすぎ

血がのぼる状態で頭痛やめまいなどの症状が出やすいです


喜びすぎ

適度な喜びはいいのですが、喜びすぎると緩みすぎて動悸や不眠、精神症状が出ます


思・憂=悩みすぎ憂う

胃腸の弱りとして出てきます

お腹が張ったり、食欲が無くなったり、軟便になったり


悲しみすぎ

呼吸器関連の症状が出ます

息切れ、しゃべりたくない、声がかすれる、声がでない、疲労感、頭がめぐらない、ボーっとするなど


恐がり過ぎ

固摂作用が低下して、失禁、流産、記憶力の低下、骨がもろくなる、髪が抜ける、遺精、早漏、閉経が早まるなど


驚きすぎ

自律神経が乱れ、動悸、不眠、はなはだしいと精神錯乱、記憶力減退、集中力の低下など


感情だけでこんなにも影響を及ぼします

感情豊かなのはとても良いことですが

『過ぎたるは及ばざるがごとし』

何事もほどほどが良いです




 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・ぎっくり腰・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は公式ライン・お電話で

📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Bình luận


bottom of page