top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

陰蹻脈について

今回は陰蹻脈です


陰蹻脈も独自のルートを持ちません

奇経は基本的にはバイパスなので、十二経絡の不調が起こったときに

助けるためのルートです

そのため十二経絡の中のいくつかのルートと重なっています


陰蹻脈は陽蹻脈と同じで踵から始まります

内くるぶしの後ろを通り腎経と同じふくらはぎの内側を通ります

膝まで上り、太ももの内側を上ります

陰部に入り、お腹を巡りながら上にのぼり

胸の裏側を上っていき、デコルテに入り

首の前を通りのぼり、鼻に入り、目頭のところで膀胱経と合流します


陰蹻脈は基本的には腎経と同じルートたどります

そのため関連する経絡に異常が出た時に陰蹻脈が働きます


陰蹻脈も独自のルートを持たないため、独自のツボもありません

関連する経絡と同じルート上にあるツボを使います

これが不思議なところです


陰蹻脈に関わる病症としては

下肢外側の麻痺、身体の後ろ半分が緩み、前半分がひきつる、喉の痛み、皮膚のかゆみ、夜に出るてんかん、朝方の腰痛、臀部の痛み、排尿痛、こむら返りなど


次回は衝脈についてお話します





 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・ぎっくり腰・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は公式ライン・お電話で

📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page