top of page
  • 執筆者の写真はりきゅうすず風 院長 鈴木

大腸について

更新日:2023年3月29日

今回は大腸についてです。


大腸は肺と表裏関係にあります。

前回の心・小腸と同じくまったく関係ないように思えるこの二つがなぜ表裏関係なのか?

東洋医学の深い理由がありますが、もちろん話すと長くなるので割愛させていただきます(笑)


大腸はどんな働きをするかと言いますと、

ほぼ西洋医学の大腸と同じです。



前回、小腸で清濁を分けるとお話ししましたね。

濁なる固形物は大腸に送られてくると。

※清:栄養分 濁:不要分


古典書物で大腸は、

『傳道之官、變化出爲』

と書かれています。

「デンドウの官、ヘンカこれよりイズ」

小腸から送られてきた不要物を、

さらに水分を搾り取り

肛門から体外へ排出します。

飲食物を口から変化していったものが

食道、胃、小腸、大腸と伝わり

最終的に外に出すということです。




東洋医学で大腸も広義の胃に属します。

そのため大腸の働きが落ちると、

便秘や下痢、むくみなどが起こります。


西洋医学の大腸は

盲腸→上行結腸→横行結腸→下行結腸→S状結腸→直腸→肛門

という順番で名前が付けられています。


東洋医学では

廻腸→広腸→直腸→肛門(魄門)

という名前が付けられています。


肺のところでお話ししましたが、

肺は全身に気をめげらせる作用がありましたね。

下向きに巡らせる作用を【粛降】と言います。

この粛降作用によって濁なるものを大腸・肛門から外に排出します。

肛門のことを魄門と言いますが、肺の蔵している精気が魄だからです。


風邪をひくと、肺が弱ります。

全身に気をめぐらせることができず、

粛降作用も弱まるので便秘になります。



今回は大腸についてお話ししましたが、西洋医学とほぼ同じなので理解しやすかったのではないでしょうか。


次回は膀胱についてです。



『類経図翼』より

 

東洋医学専門の鍼灸院『はりきゅうすず風』

五十肩・坐骨神経痛・PMS・更年期・自律神経の乱れ・不眠・こどもの症状(夜泣き・かんしゃく・アトピー・喘息など)東洋医学の力で改善しませんか?

お問い合わせ、ご相談は

公式ライン・お電話で



📞080-7859-2849


〒277-0045

千葉県柏市東逆井1-24-1Nステージ逆井101号室

東武アーバンパークライン逆井駅 徒歩4分

🅿駐車場1台有


はりきゅうすず風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page